マイナスイオン560万個/ccを出し続けるラジウム含有『岩盤浴ベッドパッド』。微弱な放射線はホルミシス効果により
免疫機能を向上させ身体の1つ1つの細胞を活性化し、 病気を治したり、病気にかからない強い身体にする効果が期待できます
ラジウムは半減期(寿命が半分になる期間)が1600年といわれ、何代にもわたって受け継ぐことができるのです。
『岩盤浴ベッドパッド』に使用されているラジウムは、世界中から優れているものを厳選していますから、他ではまねのできない
非常に優れた商品ということができます。




ホルミシス効果はすでに医学の世界でも立証済みです。東北大医学部現名誉教授は、死亡率が高く難病とされている悪性リンパ腫について、癌組織に放射線を直接当てる従来の治療を行った患者と、従来の治療を行う前に少しの放射線を全身に当てる治療を複数回行った患者の治療効果を比較しました。 その結果、治療後10年を越える追跡調査で、従来の治療法では生存率50%であるのに対し、少しの放射線を全身に当てる方法を併用した治療法の場合では、生存率が84%という実績が得られました。




お日様にあたるとポカポカと身体の芯から温まる気がしますが、これは皮下組織に浸透した育成光線(遠赤外線の一部)が吸収され、熱反応を生じさせて皮下深層の温度が上昇して内側から温めてくれるからです。 育成光線は身体の内部にまで深く到達して熱エネルギーに変わり、身体の芯まで熱が均一に広がって暖め、血管を拡張させ、血液の循環をよくします。 その結果、新鮮な酸素を多く細胞に送り込み新陳代謝を促進します。




イオンテスターによる計測でも、300個/cc〜800個/ccを記録。
ベッドパッド全体では、600万個から1600万個を記録しています。                          


『岩盤浴ベッドパッド』は、パッドに80gものラジウムパウダーを特殊加工しており、
一般にラジウムが放出するガンマ線という放射線が、身体の奥の細胞を活性化します。







ページトップへ